法律の書類を代行

法律の専門家を利用する

資格と法律の試験の情報

身近な街の法律家、行政書士

行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する法律上の書類、その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成することができます。ただし、弁護士・司法書士・弁理士・公認会計士・税理士・社会保険労務士など、他の専門家が独占業務としている業務を行うことはできません。官公署に提出する書類は、許認可を中心に無数にありますし、権利義務や事実証明に関しては、内容証明や契約書など、これも多数にあります。紛争性のある書類を作成したり、依頼者の代理として交渉したりすることは法で禁止されているためできません。このような制限に気を付ければ、弁護士や司法書士など他の専門家よりも身近な街の法律家として気軽に利用することができます。

行政書士の仕事について

行政書士は法律に関する書類を作成したり、提出をする仕事です。提出の際には代理手続ということになります。法に関することというのは、素人には分からないことがたくさんあります。ですから、専門家に任せてしまったほうが良いのです。書類を作成するだけではなく、相談の乗るということも大切な仕事となっています。権利義務と事実証明に関する事柄に関わってくる仕事なので、事実が確かなのか、虚偽の内容ではないのかということも確認しなければいけません。官公庁に対する提出なので、ミスがあると、それだけ手続きも遅くなります。だからこそ、法律の専門家に依頼をすると良いのです。

© Copyright 法律上の資格と免許、試験. All rights reserved.